暇な生保レディのブログ

保険は担当がついてこそ

手土産に花選びがち

暇な生保レディはお客様への手土産にお菓子の次に花を選びがちです。主に女性に。

自分自身花もらうの大好き。自分で自分に買うのも好き。猫お迎えしてからは誤食があるといけないんでやめましたが、ほんと花っていいねえ〜。特別感〜。男友達(累計2人)が彼女へのプレゼントに悩んでいる時は「とりあえず花!」とアドバイスするくらいです。彼女が花もらって喜ぶ感性の人だったら何となくほっとする…やん?「女性はある一定の年齢になると無条件に花を愛でるようになる」と男性の先輩が言ってた(まさに私のことやないか)んで、花を贈って地雷踏む確率は低いはず。ホワイトデーには青山フラワーマーケットに男性のみの長い行列できてたし、花をあげる文化ってすばらしい。デパ地下のマカロンの行列のがえげつなかったけれども。

お客様への手土産にする花は1,000〜2,000円くらいのやつですけど、なんかめでたいニュースのときはとりあえず花です。花と何か。めでたいことはなくてもご自宅アポのときも花です。なんでもない日おめでとうです。梅雨だったらあじさい、今だったらクリスマスっぽくポインセチアです。なんかポインセチアめちゃ反応いいので嬉しくなっちゃう。そういえばこのご時世で自宅にいる時間が長いから花や観葉植物が売れてるってテレビが言ってました。

あと支社での取り組みですけど、退職する方には退職日にご自宅に10,000円の胡蝶蘭を配送してます。急にガチな話…。これは支社長いわく、「胡蝶蘭はすぐには枯れないから退職金着金するまで咲いてる!胡蝶蘭を見るたび担当の顔を思い出す!着金したタイミングで電話すると気持ちよくアポもらえる!あと役職就いてる方は花とかもらいまくるからデカイやつ絶対当日に送れ!」とのことです。この支社長、パワハラもすごいけど募集人時代の成績もすごいから多少謎でも説得力はあるんだよな…やっかいだよな…()

支社長ネタたくさんあるんですけど、暇な生保レディが出産した時には病院にどでかい花贈ってくれました。ただ支社長が募集人だったときはよかったんだろうけど、もうお見舞いに生花はアウトっていう。生花の菌がなんたら感染症がなんたらで、退院するまで開封できず。ただお見舞いに来るんじゃなく配送だったっていうのはスゴク助かりました!(フォロー)でも退院するとき荷物+赤子+でかい花ですごい大変だったんで、入院のお見舞い品は入院中になくなるものにしてもらえるといいのかもしんないと思いましたもらっといて嫌な奴でメンゴへけ!!

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798