暇な生保レディのブログ

保険は担当がついてこそ

解約依頼が来た後のメンタルルーティン

先日、お客様の解約依頼&他社乗り換えにまつわる阿鼻叫喚ツイート(またの名を激おこ脳天湯けむりツイート事件)にリプやDMであたたかい励ましをたくさん頂きました。ネット上で顔も知らない誰かに励まされて頑張ろうと思える日がくるなんて、電車男ってこんな気持ちやったんかなとか思いました。みんな電車男…知ってるよね…?

誰も気にしてなくて自意識過剰だとしても、Twitterでこの件頑張りまぁす!と所信表明した気持ちでいるので、早くいい報告したいところです。が…、面談がリスケになったり、契約者本人ではなくそのご家族から「やっぱり面談が必要ならコールセンターに電話します」と言われたり(たぶん苦情にしたいのだろう…)、なかなか難航しております。難航っていうか座礁してるんちゃうかと思うくらいです。

ちょっと疲弊してきました。

こういうときまず自分の感情をウワーッと発散させてから気持ちを整理してひとり反省会に移行するのが私流なので、今回はまじでただのウワーッと発散、心情吐露ブログです。同業の夫にも聞いてもらってたんですけど、さすがにまだ言ってんのかよ状態になりつつあると感じている。女の「ただ話を聞いて欲しいだけ」ってのはマジです。私がそれです。

 


お客様が担当に求めているサービス?関係性?って何なんだ。契約に至るまでには商談の中でお客様の良いところ好きなところたくさん見つけているわけで、解約依頼が来てもすぐに私に合わない方だったんだなとか縁がなかったんだなとか割り切れなくて、まあまあ引きずる(しかも夜中泣く)んだが。こういうエマージェンシーにとらわれて、いくつもある他の幸せなご契約やお客様が見えなくなって、自分が選ばれないのも尊敬されてないのもファンになってもらえてなかったのも記憶に残る商談ができていなかったのも全て原因が自分自分自分で逃げ場がなくて、情けないやら悔しいやらで、あ〜私も流行りのFIREしたいわ〜とか一瞬思っちゃうババロアメンタルどうしたらいいんだ。檸○堂のカミソリレモンくらいドライに仕事した方がいいのか。もっと保有が増えたら、もっと勤続年数が経てば、平気になるものなのか。こういうことを考えない人が向いてるってことなのか。正解はないにしても、正義は人それぞれにしても、ロイヤルキャリアになるまでやってみるしかないか…そうだそうだ…

 


まあツイートした件はまだ解約が決定したわけではないし、(なのにこのメンタルの揺さぶられよう)せっかく4月になったわけだからな〜コメダのクリームソーダでも飲んで元気出そう!FIREするんだったら浪費できずに白湯飲まなきゃいけなくなるからね!!

「保険は最低限でいい」の「最低限」てどれくらいか教えて

いやわたしが教えてほしいよって話です。万人に当てはまる「最低限」という概念が存在するのだろうか。

「保険は不要、掛け捨てのみが一番、貯蓄型はいらない」等、個別状況を考慮せずわかりやすく断言してアドバイス(のようなものを)している意見は「人それぞれやろ〜そんな想像力の無さを露呈しなくても〜」とこちらもその極論の危うさにつっこみもしやすいものですが、

「保険は不要は言い過ぎです!最低限は必要ですね!なので貯蓄型を全解約して掛け捨てにしました!(ドヤァァ)」という一見保険についてフラットな視点持ってます〜的な意見、こちらにもめちゃくちゃモヤモヤしている私がいます(発言小町話法)。何をもって「最低限」って言ってるんかな?どういう保障内容を「最低限」って言ってるんかな?というか「最低限でいい」って受取人の家族が言うならまだしも契約者がドヤ顔で言うの何事?

保険について誰かの受け売りで極論の意見をコピペ発信するよりはるかに大きな一歩を踏み込んだ意見だとは思いますし、実際職域でいざ商談しようという方に「最低限は入っとけよ〜」なんて声をかけてくれる同僚の方がいらっしゃったら、正直かなりめちゃくちゃありがたいです。

ただ「最低限」というのが、これまたやっぱり価値観や個別状況によりますってことなんじゃないかなあと。最低限をどう考えるか。

「最低限、子どもの学費だけでも!」とひと口に言っても、どういう学歴を想定しているかで最低限の金額は大きく変わってきますし。


ここから私の経験の話ですが、家族に迷惑をかけたくないからお葬式代は最低限残したい、とお話して下さった方がいらっしゃいました。保険金はお葬式代のためですねーなんて話して、それでもよくよくお話を聞いてみると、役職に就いている方であり、尚且つ世間体を気にする面もあるようなので、お葬式の規模を小さく見積るのは現実的じゃない。そしてご家族が相続することになる資産のほとんどが自宅と投資マンションといった不動産で現金がほとんどない。迷惑をかけたくないというお気持ちを叶えるには、相応の規模のお葬式代だけでなく相続対策を組み込んだ保険金額にする必要がありそう…という、自分で書いててもややこしいなってケースがたくさんあります。本人や家族の希望と、置かれている状況がわからないと「最低限」が見えてこない。まあ最低限叶えたい気持ちを反映したプランでも、体況上入れるかどうか、保険料が払える金額かどうかはまた別問題ですが…


例えば介護の保障だったら、家族と介護士のどちらに介護してもらいたいか。自宅と施設のどちらでどの程度過ごしたいか。施設のサービスはどれくらいの質のものを希望するか等々…。保険の目的がお葬式代であれ介護であれ何であれ、「最低限でいい」と人に言うのは簡単ですが、その「最低限」を導き出すのが全く簡単ではない。だからこそ保険の担当がいる意味があるんだよっていう!ここに繋がるっていう!!(そもそも「最低限でいい」って言う人たちは介護の保障なんか考えてない気がしてきたけども!)

 

ということで、

「保険は不要は言い過ぎです!最低限は必要ですね!なので貯蓄型を全解約して掛け捨てにしました!(ドヤァァ)」

このご意見についてですが、

「最低限は必要!」というアドバイスは本人が思ってるほど中身のあるアドバイスになってないんだよなあ、ドヤって気持ちよくなってるとこすいませんね、でも不要って言われるよりずっといいわァという気持ちです。

このアドバイスらしきものの中身をペラペラにさせている所以は「貯蓄型を全解約して掛け捨てにしました!」にもあると感じているのですが、保険を貯蓄と掛け捨てという保険料の支払い方で分けて話す人って、それが保険種類でいう終身・定期・養老のどれにあたるかわかっていないという確信があるのは私だけですか…?「最低限」という「保障内容」について話しているときに、重要な保険期間に言及せず「保険料の支払い方」で保険を決めたってオチを持ってこられると、シンプルにびっくりするゾ!

 

今回は最低限の正体を探ってきましたが、自分は病気になったら最低限でなく最高の治療をしたい!とか、残される家族には最低限でなく今の水準を保った生活をしてほしい!とか、現実にはいろんな思いの人がいるよ〜ということを申し上げておきますわね!保険絶対最低限マンはSNSから現実に出てきなさいね!

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

不用意に保険解約を促すYouTuberについて、金融庁・消費生活センター・生命保険協会・日本損害保険協会に電話してみた

電話ってどんだけ暇人だよ…コッワ…と言われるかもしれませんけれども…暇人は否定しません…

あ〜このYouTuber、金融庁が取り締まってくんないかな〜〜〜(ハナホジ)あっ電話してみっか

というかんじで電話しました。先月のことです。


私が生命保険会社の募集人であることをお伝えして、電話の内容は↓

・生命保険や損害保険等の保険の解約を促すYouTuberについて、個別状況を考慮しないのはすごく危険だと思うし、実際私のお客様にもこの経緯で解約した後にご病気された方がいる

・もちろん自己責任だけれども、そりゃ自己責任なんだけれども、今後も見過ごしていいものなのか、何か規制が必要なのではと考えている

・募集人であれば業法違反になるような表現もしているのに(泣)

・何も規制がないというのは危険だと考えているのですが、せめて公的な第三者から消費者への啓発があればと思うのですがいかがでしょうか…

こんなかんじです。

 

まず金融庁に電話したところ、

・そんなYouTuberがいるんですか

消費生活センターの方が適切なアドバイスができると思います

とのことでした。金融庁以上。


というわけで消費生活センターに電話したところ、

・そんなYouTuberがいるんですか

・保険を解約させる目的が解約返戻金を自身の投資案件や情報商材を購入させる資金にすることではなく、浮いた保険料で投資しよう貯金しようと一見堅実なことを言うのは初めて聞くケースです

表現の自由とも言えるんですかね…

・詐欺被害があれば警察に相談できますが、法の網を掻い潜るというか、そういうことを考える人は本当に頭がいいですね…

・こうした相談事例をHPに掲載できないか等の進言をします

・生命保険協会や損害保険協会とも連携しますが、ぜひあなたの立場からのご意見もお伝え下さい

・というかこれは金融庁がお答えするべき内容ですよね

・でも金融庁は法がないと動けないので、法整備のためにもしかしたらもうYouTubeの監視等動いてる…かも…わかりませんが…

とのことでした。なんかすごく親身に聞いて下さって、掘り下げる質問もたくさんして下さって、感動でした。


というわけで次に生命保険協会に電話したところ、

・そんなYouTuberがいるんですか

・どのように検索すれば見れますか?私も見てみます

金融庁消費生活センターにも連絡して頂いていることも踏まえて上長に報告します

とのことでした。


次に日本損害保険協会に電話したところ、

・そんなYouTuberがいるんですか

・このような相談があったと上長に報告します

とのことでした。


対応して頂いたどの方も「それは遺憾ですね(プンスカ)」感出して聞いて下さったので気持ちは鎮まりました。あっ金融庁の人からはそんなこと言われても感出てたけれどもね。

皆さん「そんなYouTuberいるんですか驚き〜」という反応だったので、やっぱりそんな動画見てる方が少数かと思いつつ、私がTwitterやりすぎなだけなのか…?

もちろん電話したからって何かどうこうなるとも思いませんが、この4つの組織がどういうスタンス?なのかほんのりわかったのはよかったかなあと思います。

私は募集人の立場からですが、実際にこうしたYouTuberの誤情報で不利益出ましたっていう経験のある方がいましたら、でも自己責任だもんな…で終わりにせず、まあ自己責任なんだけれども、それでもこうしたところに相談しておくことはもしかしたらちょっとは意味のあることかもしんないと思ったりしました。

 

※こうしたYouTuberの発信する全てが問題とも思いませんが、信憑性ヤッバとは思います。

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

「マネリテが高い」とは

金融で6年働いてるのにマネリテって言葉が職場で出たことありませんでした。金融業の方でマネリテって日頃使う方いますか?

金融で6年働いてるのに現実の世界でマネリテと口にする人とお会いしたことがありません。SNS上にしかいないんですか?SNSが彼らの特別保護区か何かですか?


マネリテ高いと自称する人たちの特徴は、

・個別の状況を考慮せず、生命保険やペット保険等の保険商品の要不要を断言してしまう

・金融業に就いていないYouTuberが出したお金についての本を崇め讃えている

・ネットで情報収集した知識をほぼコピペで発信している(←ネットリテラシー的にどうなん?)

こんなかんじかなあと思うのですがどうでしょうか。もっとあるか。


そもそもリテラシーとは何なのか。ゲシュタルト崩壊間近なので広辞苑で調べました。


①読み書きの能力。識字能力。

②特定の分野の知識や、それを活用する能力。


…ということは、「マネリテ高い」というのは、①の意味で使ってますね?お金の計算ができますという意味合いですね?


おちょくりすぎました。

でも②の意味で使うにはちょっと厳しいよアンタ〜という人が多い印象です。金融って銀行も保険も証券も奥が深いですし、金融商品も星の数ほどありますし、本業でやってたら「私マネリテ高いんです」なんてちょっと恥ずかしくて言えないですよ。勉強するほど謙虚になりますよ。そう考えると「マネリテ高そう〜!」て褒め言葉になるんですか。「AKBにいそう〜!」と同じくらい褒めてるのかディスりなのかわからなくないですか。


ただ、資産運用とかお金の話を現実でしても理解してもらえないというのはわかります。Twitterでも「家族に株の話をしたら守銭奴と言われたツライ」みたいなのをたまに見かけます。

でも、日本のこれまでの文化?国民性?を考えると、「投資話がきたらいったんバリア張る」方が普通の反応な気がします。それを頭固い、不勉強とするか、堅実で現実的とするか。

営業職のあるあるかもしれませんが、たくさん紹介くれたりする「良いお客様」って、最初は強烈なクレームからのスタートだったり、契約もバチバチに反対されていたりします。それがご契約となりお客様になると、この仕事を理解して応援して下さるようになったりするんですよね。(偉そうに言いましたが私にはこんなことそうそうありません)

先ほどのツイートも、自分はこんなに勉強してるのにとか、家族のために言ってるのにとか、わかってくれないなんてこんな愚かな奴とは思わなかったとか、リプ含めそんなんばっかですけど、そういう思いが透けちゃって警戒したくなるような言葉選んじゃってるんじゃないのなんて思います。資産運用を家族のためにやるなら、その家族に対して謎マウントとらずに、家族が安心できる方法を一緒に考えたらいいのではないかしら…。


リテラシーって難しいですね。

少なくとも、TwitterYouTubeや個人ブログから得た知識をコピペして披露してフォロワーを集めたり、コピペ記事を書いたブログで「Googleアドセンス通過しました!」なんてTwitterで報告するような、もうそれ何次産業だよっていうことをしている人は、リテラシーとは無縁だなと思っています。

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

#正直出産ってどうだったか教えて

Twitterハッシュタグで自分の出産の話をしよう的なのがあったのでいくつか見てます。

「経産婦、自分の出産の話したくていつもウズウズしてる説」を私は日頃から唱えてますが、自分自身で立証済みです。話したいです。ただ「周りはそんなに聞きたいと思ってない説」も同時に唱えてます。

出産の思い出話って経産婦同士じゃないといまいち盛り上がりに欠けます。産む前はそういう話聞くと妙に冷静になってしまっていたからわかりますけれどもね。ママ友(っていうかシンプルに友達)が少ししかおりませんので、私は出産の話については消化不良のまま今日まできております。

まあ出産の話もしたいですけど、それよりもずっとずっと言いたかったことがあります!


妊婦〜!!陣痛きたら声出さずに呼吸するだけにしろ〜〜〜!!!!!!


私より半年先に出産していた先輩から「陣痛は呼吸だよ。声出したらしんどいだけだよ。」と聞いていましたが、ほんとその通りでした。痛い〜と声出すのしんどすぎる。逆に叫べる体力すごい。「息吸う・吐く・痛みで嗚咽する・茶を飲む」のコマンドしかありませんでした。

というのも私の病院は入院する部屋とは別に陣痛室ってのがありまして、そこで陣痛きた妊婦が3人、カーテンに仕切られて待機しておりました。3人もいるので何もかも聞こえます。私の陣痛の間に何人か入れ替わりました。痛みで静かにウッウッと泣く声、そんなんじゃ母親になれないわよ!と叱咤激励する妊婦の母親のデカい声、次痛くなったらナースコール押してって言ったじゃん!と妊婦に怒る助産師の声、またうう〜とうなる声、その隣のベッドから食事を摂るカチャカチャ…という音(シュール)。次あるなら絶対に陣痛から出産まで個室でできる病院にしたい。

話それましたが、私の隣のベッドには陣痛が来ている間ずっとうなっている妊婦さんがいたんですね。

「ああーーーもうやだーーー痛いよぉーーーまたきたーーーあああーーーー!!!」というかんじで助産師さんも付きっきりになってたんですけど、それも長時間なんで、「もうヤダァ!!!無痛にする!!!」と叫んでも「うちは無痛ございませぇん」とだんだんあしらわれるかんじになってました。

この妊婦さんには悪いけれど、たしかに…うるさかった…。自分の陣痛感覚が狭まって痛みもどんどん強くなっていく中、数分おきに「ウオオーーーン!!!」という絶望的な泣き声を聞かねばならないのは、本当、つらかった…。この環境で痛みに耐えねばならない事実に泣きたかった…。付き添ってくれてる夫も苛ついているのがわかった…。助産師さんに「お隣さんすごくてびっくりさせちゃったね」と励まされた…。


私はこの妊婦さんに言いたかった。「いい加減声を出すな!!呼吸だけに集中しろ!!」と。


そんなこんなで出産時はなんか急に血圧上がっちゃって緊急で麻酔無しで会陰切開しました。バツンッバツンッと肉を切る音がして、ここで私はこの日一番の叫び声をあげたのでした。〜完〜


以上が私の話したくてウズウズしてた出産話です!へけ!

誰も悪くないのはわかっている。お産は十人十色。本当、個室だったらよかった。陣痛の時めちゃくちゃ叫んじゃった〜みたいな武勇伝が多くて、それ個室じゃなかったら巻き添えで苦しんだ人間絶対いるからな…と黒い気持ちになります。(そもそも病院選びの時に入院部屋が個室かどうかは確認したけど陣痛の時は個室かどうか確認してなかった。そんな発想なかった)

なんかこの気持ちを文字に昇華したかっただけかも!!一年以上発散できず引きずってただけかも!!こんなゲロブログにお付き合いさせて申し訳ありませんね!!

 

とにかく妊娠報告を下さったお客様には漏れなくお伝えしています。

今は忘れていいので陣痛が来たら思い出して下さい…陣痛は声を出さず呼吸だけに集中するのです…

あとできれば陣痛から出産後の入院まで個室に入れる病院か産院を選ぶのです…

 


※とはいえ陣痛時に声出した方が楽になれるって人もいると思うし、我慢はよくないから声出そう!って方針の助産師さんもいるかもしれません。←保険かけた

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

 

「積立の保険を解約して投資を始めると幸福になれる」宗教

いつのまにか2021年になってました。こんな何のためにもならない雑草ブログを読んで下さる稀有な皆さんに幸あれ!今年もよろしくお願い致します。


さて、「積立の保険を解約して投資を始めると幸福になれる」宗教が最近信者を増やしていますね。

現実世界では相談できる相手がおらず、また見つけ方もわかりませんが、ネット上の匿名の人たちの言葉の方が信用できるという人たちが続々入信しているようです。

入信すると、教祖様の有難いお言葉が不安を解消(保険を解約するよう背中をお)してくれて、その結果自分に自信が持てたり将来に希望が持てたりするようです。

信者は新規の勧誘にも余念がありません。

保険解約しようかな…?というつぶやきがあれば、自分が保険素人であることを忘れ、金融知識豊富であるかのようにリプし、見事にクソバイスできます。

オンラインサロン会費や出版物購入といったお布施も忘れません。

保険の解約で資産を減らしている方も多いだろうに、皆さん大変熱心です。

さすが保険を継続して資金拘束されるストレスより、相場に一喜一憂するストレスを選択された皆さんです。

評価額が気になって1日に何度もスマホを見てしまうこともあるでしょう。

昨日売っておけばよかった買っておけばよかったとタラレバに苛まれ、仕事が手につかない日もあるでしょう。

そもそも資金拘束されるストレスって何だっけ?あると使っちゃうからと思って始めたんだったよな?正しくは意思弱い自分へのストレスだな?と思う日もあるでしょう。

自分の裁量では、散々馬鹿にした積立保険の20年後30年後のパフォーマンスに及ばない可能性も(情報収集をTwitterYouTubeで行なっているうちは)あるため、保険も投資もどっちもやればよかったんだと思う日もあるでしょう。

険しい道のりかと思いますが、同じ信者の仲間がいます。

いつだってイイネはたくさんもらえます。

どんなに教祖様に貢ぎ、証券会社に貢ぎ、大嫌いな保険会社にさえ(解約により)貢いでいても、

心は幸せなのです。気持ちはファンドマネージャーなのです。

幸せはお金じゃない。(哲学)

 

 

Twitterでよく見る素人同士の保険談義、善意で悪気なく結果的に他人の人生を危険にさらす行為、なんかもう〜〜〜目も当てられない。
ネット上で人様の人生に無責任にクソバイスしてしまう&鵜呑みにしてしまう人たちは、後世に貧困のバトン渡してますよと思うだけなんですけど、

自分のお客様は守らないと…保全しよう…

と思った今日です!!!

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

生命保険会社の管理職に物申すゾ

おーい生命保険会社のお偉いさん達〜、

売ってこいって言った自社商品の研修くらい受けさせろ〜〜

プレゼンのスクリプトの土台くらい考えてやれ〜〜

ていうかプレゼンの前にヒアリングしろって言え〜アンケートの紙一枚の情報で設計しようとさすな〜〜

そもそもせめて生命保険の種類くらい教えろ〜〜〜


下にいくほどさすがにないよなと思いながら、でもなんか…ありそうなんで…

お客様に他社の既契約資料見せて頂くと、この契約から設計思想というものが毛ほども感じられない…ってことありませんか…?何でこの人にこれ?みたいな、ていうかヒアリングしてみるとこの人の病歴だとこれ入れないはずだけどヒアリングしてないか告知違反かな?みたいな…。他社っていうか自社のパターンもあるのがしんどいところですが…


恐いのは設計思想もなければ保険料が高いとかの手数料目的の気配もなさそうな契約です。あっこれまじでわかってないやつだ、この年齢の男性/女性にはこれ売ってこい!って言われたやつだってなります。伝わりますか…


これは保険が悪いと言ってるのではありません。この世にある保険は全て誰かの役に立つと思ってます。状況によって合う人合わない人がいるだけで。

前に私の母親の保険料払込済みの契約がいつの間にか転換(今回の場合、払込済みの保険料が新しい契約の保険料に充当されそれまでの契約は消滅する)されてて阿鼻叫喚したツイートをしましたが(根に持ってる)、転換契約の内容が悪いわけでなく、母親の求める保険の形ではなくなってしまったことが問題なのです。母親はもし解約しても返戻金がある終身保険で死亡保障を持ち続けたかったのに、死亡保障無しの介護保険に転換されていたことが問題なのです。介護になったら助かるからいいじゃん、というのは募集人側から言ったら終わりですやん??(ただ商談中に話した内容を母親がすっかり忘れている可能性もあるっちゃある)

これ自分の勧める保険のことをわかってて、きちんとヒアリングをしてたら、こんな転換契約の提案に至らなくない…?至るのか…?全部わかってやってるんだとしたらこんな苦しい仕事ないよ…


保険が悪いと言っているのではなく、さらに募集人だけの問題と言っているのでもなく、これは会社の責任だと思っています。

営業デビュー前に最低限研修してます!の最低限を引き上げなさいよって会社や支社がどうにもあるように感じてます。

知識があって、コンサルができて、それで安心して下さるお客様が増えれば…「保険も保険屋もクソ!」でなく「この保険と担当に出会えて安心した!」の声が大きくなって、ネット保険なんてこわくなくなって、これから入社する人もやりやすくなって、とにかく保険業界にとっていいんじゃないか!?育成ケチると代償がでかすぎるよ!(どんなにがんばっても変なのがいるのは確率的にやむなし)世間の声を聞くに自社どころか他社の募集人の足まで引っ張ることになるよ!なってるんだよ!!(←現場の声)育成がんばると知識ついて自社の商品の弱さが知られるからマズいとかか!?あっ…そうなの!?


MDRTの各社分会長のミーティング?の映像か何かで、「私が20年前に受けたお客様からの冷遇を今の若い人たちも同じように受けている」というような話をしている場面があったのを思い出しました。業界を変えたいという思いを持っている募集人は多いですが、会社が、業界が募集人への姿勢を改めないといけないのでは…?育成だけでなく不祥事起きたときに募集人のせいだけにするとかもさぁ…闇深いけどさぁ…


めちゃくちゃ研修手厚いところもあるし、研修の内容にも参加する側の意欲の程度にもよるし、そもそもお前だれやねん偉そうに完璧にできてるんかと言われたらお詫びするしかないんですけど、

入社までは歓迎されて入社した途端放置で現場に出されて辛い思いする募集人もう見たくナイヨー!!!!最近他社の友人と支社の後輩が辞めたけど、本人の努力とかでなく救えたはずの命ってかんじの辞め方だったよォー!!!!

こんなことする会社は淘汰されてしまえと思うけど保険会社はお客様いるから潰れたらいけないから!(語彙)

こんなことする所長や支社長(明らかに人の人生何だと思ってんねんと言いたくなるような人ね)は募集人に継続率うるさく言う前に自分の採用者の在籍率言え!(泣)

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798