暇な生保レディのブログ

保険は担当がついてこそ

年末調整アポ消滅説

今週来週はほぼ年末調整アポです。

控除証明書のハガキ届いてますか〜?書くのお手伝いします〜というアポです。暇な生保レディは保有がそんなに多くないんでできちゃう。


支社で毎月テーマ決めてテレアポタイムがあるのですが、今月のテーマが年末調整アポでした。

ご契約時に「10月に年末調整のハガキ届くので、書類書くの難しいな〜と思ったら連絡くださいね〜」とお伝えするようにしてから、普段気が重いテレアポでもすんなりアポが頂ける嬉しい時期です。今年も来て〜と連絡下さる方も増えました。助かった〜と喜んでもらえるのも嬉しいし、契約内容確認から追加契約のお話になったりするのも嬉しいし、このアイディアくれた先輩マジあざまる水産よいちょ丸↑↑


控除証明書を見て「こんなに払ってるんだっけ!?てかこれ内容何だっけ!?」となる方も少なくないですが、とにかく保全になるし自ら生命保険に目を向けて下さる貴重な機会…「一般枠に収まりきらないんだけど保険入りすぎってこと?」や「個人年金枠空いてるんだけどなんでここ埋まらないの?」というお問い合わせもありますが…とにかく保全になるから…


控除額の計算の仕方とか書類見たら書いてあるし全く難しくないんですけど、自分も前は控除証明書見て脳死するタイプだったんで、難しく思うのはすごくよくわかります。ていうか生命保険料控除証明書って漢字多すぎませんか。字ヅラがきびぃ。それにお客様にできれば毎年会いたいし、書き方お伝えするけど覚えてもらわなくて全然よき!でももっともっとお客様が増えてきたら詰むかなーと思ってたんですが…、

今日の年末調整アポのお客様は、初めてのオンライン提出だったもんで焦りました…。

何が焦ったかって、保険種類や支払った保険料を入力すると、控除額が自動で計算されて自動で入力されてるという…

コンピュータが人の仕事を奪う現場を見たぞ…。これはさすがに来年からわたくしお役御免なんじゃ…てくらい簡単…。(奪うも何も誰の手も煩わせないためだけれども)

 

コロナの影響でオンラインになったと聞きましたが、今後もっと増えるんだろうな…そしたら会うきっかけをひとつ失ってしまうのでは…。会って顔見て話すって大事ですやん…?人と人ですし…?世間話してたら給付金請求漏れがあったことがわかったなんてこともありますし…あと紹介もらえないとしてもいつでもウェルカムの旨伝えたいですし…?←

実際今日のアポでは、「こんなに簡単なら来年から一人でできそうですー!」と言われて「いや会いたいから呼んで下さい!!」としか言えず、なんか弱い…とあわわしてます。

いや、きっとまだあわあわてるような時間あわわ。


「ネットで保険に入れるこの時代に、私は、あなたから保険に入りたいのです(ゼクシィ風)」と思って下さった方々なので、会う理由減るかもしれないのはふつうに寂しいなぁ。求められてないときに押しかけたくないしなぁ。…と思ったけど普段けっこう「近くに来たんで寄っちゃいましたァ!」てやってるな(そういうのが大丈夫そうな人にだけ)。

でも年一回会うのが年末調整アポって方も多いので、何か…何か対策か別策を考えねば…

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

お客様にとってMDRTはメリットなのか

前回ブログでMDRTを目指す理由について書きましたが、ちょうどいいタイミングでMDRT50周年記念大会があったので、新人たちはそれ見てシンプルにMDRTすごい!ってなってました(私もなった)。よっぽど話がはやい…私などめがなろう会で発表するまでもなかった…。オンラインで画面の向こうなのに熱量の伝わりがすごい。


で、先日の支社のMDRTになろう会のバズテーマは「MDRTになることはお客様にとってメリットがあるのか」でした。


こういう質問てこれまでなかったわけではないんですけど、何というか、

ふぇ…?

てなります。伝わりますか。

なんでそんなこと言う…?

てなります。


なんでこんなボーンとした感覚、宇宙に放り込まれたような感覚になるんだろうか。

その謎を解明するため、我々調査隊はアマゾンの奥地へと向かった――。


暇な生保レディの中には、MDRTになることがお客様にメリットがあるというより、そもそもお客様にメリットを提供している人がMDRTになるのでは…?という気持ちがあるんですね。(自分はどうなんだということは今回は高い棚へフォークリフトさせて頂きます。)


ミシュランみたいな…頑張って皆様を幸せにしたら星もらえるみたいな…二つ星(COT)三つ星(TOT)取るのはさらにもっとかなり大変で、取れたら隠さず宣伝するし、そしたらもっとたくさんの人を幸せにできるみたいな…でも星落とすこともあるから努力し続けるみたいな…

ミシュランを引き合いに出したことで不快に思う方がいたらすみません。


先日のMDRT50周年記念大会もそうですけど、MDRTの先輩方がシェアして下さる情報は毎回目から鱗です。業界歴も人間歴もそんなに長いわけではない暇な生保レディには、あらゆる面で先輩の経験談を聞けるのはなんともお得感あります。自分の経験したことないことも経験したかのように話せって支社長が言ってました。(ちなみにこの支社長には昨年交通事故で高度障害になったお友達がいらっしゃり、独身のお姉様が仕事を辞めて介護をされてるそうです。「お姉ちゃんが抱っこしてお風呂に入れてくれるんだけど、お姉ちゃん毎回すごい汗かいて、ぼたぼたぼたーって垂れてくるほど汗かいて、それを見るのが本当に申し訳なくて辛くて苦しい。死にたくなる。でも一人で死ぬことすらできない体になってしまった。バリアフリーのお風呂にするお金もない」と涙目で話す友達に、私は何て声をかけたらいいのか…と、ミーティングの終わりに皆に話してくれました。支社のメンバーは目頭抑えながら聞き入ってたんですが、支社長は「まあそんな友達いないんだけどね!」と締め括りました。きっとこういうことだと思います。たぶん)


業界の先輩方のお話だけでなく、記念大会では日本最大級のがん経験者コミュニティ5years代表・大久保さんのお話も、脳に電撃走ったなってくらい感動でした(語彙)。


がんは働きながら治せる時代とか言うけど実際抗がん剤治療しながら働けたのは37人中5人とか、

給付金は治療だけでなくウィッグや乳房再建といった尊厳の回復につながるとか、

地方の人は都市部の大病院に通うための交通費も考えた方がいいとか、

他にも色々ありましたが、


スマホでらくらく保険の見積もり〜!してる人はこんなこと考えるきっかけも知る手段もないな!?!?保険の担当って大事だし、情報を収集するって大事だな!?!?


なのでお客様にたくさんメリットを提供したからMDRT、という考えもあるけど、

MDRTの多くはたくさん知識と情報を常にお客様にわかりやすく伝えられる形で持っている、それはお客様にとってメリットと言っていいんじゃないかな〜〜〜というところです。ここまで尊敬する先輩方を見て感じたことを申し上げてるのであって自分はまだ棚の上にいます。

 

でも実際MDRTの募集人との商談で嫌な思いしたとか、態度が気に入らなかったとか、あいつ払い済み話法やってるらしいでとか、そういうきっかけで「MDRTだからなんやねん」て思う人はいるだろうなと思います。暇な生保レディも、「私MDRTはもちろん毎年該当してますが、皆さん大丈夫ですか?」と煽るタイプのMDRTが講師だった時は普通に嫌な気分になりました、そういえば。分科会で会った、身につけてるもの全てシャネルのロゴがドーンで髪盛り盛りのお姉様MDRTとかにも。でももはやMDRT関係なくその人個人の問題だと思うのですよね。

「私は表紙で人を判断しない。また相手のことを表紙で人を判断する人だと決めつけない。」

〜バチェロレッテに学ぶ道徳〜

〜バチェロレッテ今週で最終回やで〜

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

 

 

MDRTを目指す理由

秋〜。秋の高い空を見てると、どうでもいいことでもおセンチに考えてしまうときがあるよね。

生命保険の仕事に商品力は関係ない!担当力だ!と新人に説教してた人が、

ドル商品の利率が下がって売るものがないだの、新商品がぱっとしないだの、やいやい言っているのを聞いたときの気持ちとかね…

 


さて、暇な生保レディの支社では9月から恒例の「MDRTになろう会」が始まっています。


MDRT(Million Dollar Round Table)とは、ざっくり言うと生命保険業を頑張っていてある一定の基準をクリアした募集人の集まりです。ミリオンダラーとか言うと年収一億なんですか!?と年に一回は聞かれますが、年収は一千万くらいからそれ以上の人たちです。

MDRTの基本理念はこちら↓(公式HPより)(自戒を込めて)

常に顧客の利益を第一に考え、自分や組織の利益より優先させるということ。 ビジネスと地域社会のリーダーとして、様々なボランティア活動を行うこと。 卓越した商品知識と厳しい倫理基準をもって、最良の顧客サービスを提供すること。 国や地域や企業間の垣根を越えて、研修で知識を磨きあい、自己研鑽に努めること。


そんなMDRTになろう会ですが、週に一回、朝礼の前の1時間をあててます。12/15成立までが今期分なので、それまでやります。(裏ワザ使うと12/31成立までのばせるらしい)今年はコロナの影響でオンラインです。


参加するのは今期MDRT該当を目指している人、今期は厳しいけど来期該当を目指している人、既に該当しているけど勉強のためなど、有志が集まるかんじです。と思いきや、該当者は新人のために参加してくれよと所長に頼まれ、新人は無条件参加だぞと所長に詰められ参加してる人も少なくありません。むしろ多い。有志と言いつつ志が有ったかどうかはわかりません。それでもこの会が始まってからMDRT人数が支社の2割を超えるようになったので、参加動機はどうあれ有意義な会なんだと思ってます。


そもそもなぜMDRTになろう会が発足されたのかと言いますと、既にMDRTだった先輩が「支社のMDRTを増やしたい!」と言いだしたのがきっかけ…だった気がする…。振り返るとこの先輩の姿勢がMDRTそのものだなと思うのですが、この先輩が朝4時に目が覚めるとかいうショートスリーパーなもんで企画される研修が全部朝なのわりとしんどい☆


内容は、今期該当まで残りいくらかという数字確認、MDRTの基本理念やMDRTを目指す理由についてバズセッションがメインになってます。


前置きが長くなりましたが本題です。MDRTを目指す理由について。


これが十人十色でおもしろいです。自信がつくから、新聞に載って親に感謝を伝えたいから、世界大会に行ってみたいからっていうのもあれば、ていうかMDRTになる意味あるのかなんていうそもそも論から始まったりもします。お客様からしたら担当がMDRTかどうかなんてどうでもいいんじゃないの?的な?(基準達成してもMDRTの登録はするしないの自由があります)


こういう「肩書きに意味あるのか議論」て学歴とか資格とか色々ありますけど、それを得るまでの過程が尊いって話ではと思ってます。とは言えテストのための勉強だとテストが終わると忘れちゃうみたいなことがあるように、普段から高い水準で頑張ってたら結果として肩書きがもらえるレベルになってました〜ていうのが理想だなと思います。理想ね、理想…

たまーーーに、「MDRTは売る能力がすごいだけで知識や人間性に問題がある人もいるじゃん」とか言われます。そりゃそういう人もいるだろうし自分もホールパーソンには程遠いけどさ…何をさも痛いところ突いてやりましたみたいな…さては東大生に「勉強ができるだけ」とか言っちゃうタイプだな…

肩書きを振りかざすのはよろしくないとは思いますけど、お客様に「私MDRTです」って言うのはアリだと思ってます。「人は何を話すかより誰が話すかで判断するby東大教授」って聞きました(困ったとき東大頼み)。自分で手に入れた武器は使ってこうぜポンポーーン‼︎


MDRTになると理念の通り研修やボランティアがなかなかに多くて、役員等の中心メンバーになると一年のうち募集活動できるのが100日切りますみたいな激務だそうです。なんの手当もつかないと言うのに…!

研修は○○生命分会など所属する会社の分会、会社の垣根を越えた地方分会、日本分会、あと世界大会もあって、そこにボランティアもあるから、ほぼ毎月新幹線や飛行機で動き回ることになります。こんな自分カッケエ!ってことでは全くなく、移動費も滞在費も全部自腹なわけで、ギリギリMDRT達成しましたくらいの人は普通にしんどいことになります。ていうかなりました。参加は任意ですが、参加してこそMDRTだよ!キラキラ!みたいに誘われるので、…頑張ります!キラキラ!となります。というか該当すると嬉しくて色々参加したくなるのですが、特に該当初年度はこの研修やボランティアに時間取られて数字がガタガタになります。ていうかなりました。

というか研修で日本各地や海外まで行くこともあるって、そこまで熱心な人が集まる仕事ってそうなくないですか!?それも自費で、固定給でなくフルコミの自分の仕事の時間を削ってまで集まるという。特に役員や講師を務める先輩方の業界を良くしたいという思いには脱帽です。支社は違うけどMDRTの集まりだと会える仲間もできました。東京圏に20人いた同月入社が1年で6人まで淘汰された暇な生保レディには嬉しいところです。(入社月が年末だったので焦った所長がヤベー奴でもぶち込んで入社させた疑惑がある)

自分頑張ってるぅとか思ってたけどさらにもっとかなり頑張ってる人いたわ〜という当たり前のことを目で見て確認できる刺激的な環境だと思います。なので個人的にはMDRTの研修に行きたいから目指すっていうのもあります。研修終われば普通に旅行だしネ!!!!!!


以上、MDRTを目指す理由について、次回のなろう会で発表しないといけないことになったんで…まず文章でまとめてみた次第です…これから推敲しますハァ

これで新人のやる気は鼓舞されるのでしょうか果たして!TO BE CONTINUED!(後日談はありません)

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

不祥事が出た後の社内を振り返る

第一生命から、「80代元生保レディ、顧客から19億円着服」というなんともメガビッグな不祥事ニュースが飛び出しました。

果たして80代はレディなのか。そんなことより19億円のインパクトが大きいです。桁ひとつ多くない?太客たくさんいてすごいなあ←率直な感想

 

金銭詐取する保険募集人、生徒にわいせつ行為する学校教師、飲酒運転する警察官…

世の中、煩悩を抑えきれず仕事の理念に反する社会人の何と多いことか。

 

暇な生保レディの会社からも、全国ニュースレベルの募集人の不祥事が出たことがあります。内容は伏せます。思い返すと、不祥事のニュースをきっかけに社内で次々と不幸な出来事が起こってたなあ…事件と直接関係のないところで…。今回は当時のことをいろいろ思い出して書いていこうと思います。不祥事の原因は〜とか、不祥事を無くすためには〜とか、そういう考察的なのはないです。なんならオチもないです。まさに今、第一生命の社内で起こっていることや大変な思いをしているであろう社員の皆さんに思いを馳せております。(暇な生保レディの会社がどこかはご想像にお任せするぞ)

 

自分の会社から不祥事が出る、新聞に載る、全国ニュースになるというのはなかなかショッキングなことでした。年々手抜きを覚えていく暇な生保レディですが、わりとバリバリにがむしゃらにやってた頃のことだったのでなおさらゲロでした。

自分のお客様や職域の方々からつっこまれたらどうしようという不安が怒りに変わっていったんですけど、誰にぶつけたらいいかわからなくて困った…当の本人にはぶつけようがないですしね。ひとまず不祥事が出た支社の支社長や所長はどんな奴や…と社員名簿カチカチー!と検索してみるものの、アンタらがしっかり管理せんからぁぁぁと画面に映る顔写真に向かってキレてみるものの、まったく気が晴れず。

 

当たり前ですが、全国ニュースになるほどの不祥事が起きた支社の支社長、所長、コンプラマネージャーは責任を取って懲戒処分(降格とか減給とか)アンド異動です。社員用サイトの懲戒処分のお知らせに載りますし、いち生保レディにキレられるよりよっぽどキツい。

そして管理職が異動ということは、新しい管理職が必要になります。ただ、全国に悪名を轟かせた大問題支社の管理職…なりたい人間いるわけない…。特に事件を起こした当人が在籍していた営業所の後任所長なんて、そんな火中のアツアツの栗を素手で拾う役割、死んでも嫌では?

 

弊社が行った人事は、問題営業所の後任に募集人から職種変更したばかりの新人所長を就かせるという残酷なものでした。冷静にひどい。シンプルにキツイ。「君にならこの営業所を再生できる!」とでも言ったんでしょうか…だとしたら半沢直樹最終回の大和田も真っ青の芝居です。愛のないただの煽りですよこれは。(ところで人事には「この経験が君の宝になる」という絶対無敵・絶対服従パワーワードがあるよね)

問題営業所ではメンバーがどんどん辞めていったそうです。初めての所長職、その営業所のメンバーが次々と脱落していく様を見ていたら、どんなにやる気があったとしても腐ってもしょうがないというか…なんなら闇堕ちしてもおかしくなくない?そう思うとダースベイダー化して反逆しなかっただけありがたいな?

 

今考えると、所長の仕事である新規採用なんてする余裕はなかったのかもしれないですが、採用がないとさらに異動です。こうして見事にやる気を削がれたかわいそうな虚無所長(かわいそうって言葉嫌いですがこれはまじでかわいそうだと思った)の一丁上がりです。そして暇な生保レディの支社に異動して来たのです。やる気のない人特有のあんまり良くないオーラ(ほんとこれ形容し難い。伝わります?)を存分に醸し、無事メンバーを苛立たせていきました。

 

また、事件を起こした会社ということでホテルを借りて行うようなお祭り騒ぎ表彰式は無し、MDRTの新聞掲載も無し、他にも多くの募集人がモチベーションにしているイベントが中止や規模縮小になりました。個人的にはこれが一番キツかった…。表彰式とか興味ない募集人もいますけど、暇な生保レディは表彰式に両親呼んで一緒に壇上上がろうってめちゃくちゃ楽しみにしてました。←ピュア〜

一生懸命走るためにぶら下げられた人参を一方的に突然取り上げられたような気分。社内イベントをモチベーションにするのが適当かどうかは置いといて、会社の自粛ムードがなんかすごくつまらなかったです。

 

採用にも影響がありました。事件を起こしたのが男性募集人ということで、「女性はコツコツ頑張れるけど男性は一発ドカンを狙って不祥事を起こしやすい」という、わかるようなわからないような絶妙に足元不安定な理論を掲げ、男性募集人の採用基準のハードル爆上げ。学歴、転職回数、前職年収、前職業種など、クリアしなければならない項目がけっこう増えました。「俺今だったら入社できないわw」と笑う男性MDRTの姿がなんか皮肉だったな。所長たちは本当にしんどかったと思います。そこに今回の第一生命の事件です。あれ?不祥事起こしたの女性やんけ?しかも被害総額ぶっちぎりやんけ??

 

こう書いてみると、不祥事が出たことでお客様からお怒りの声があったとか、そういう商談する上で困ったことは(暇な生保レディには)なかったです。意外にも。それより社内のごたごたに巻き込まれたことが本当に不幸だったってかんじです。

会社としては、兎に角何か対策打ち出さな!パフォーマンスせな!金融庁様が見てる!!ということだったとは思いますが、その焦りからか採用基準のようなわりかし謎の制約がいくつか生み出されたような気がします。もちろんごもっともな内容のものもありましたが。

 

不祥事が出ると、社内ではこんなどったんばったん大騒ぎが起こっているんだよということでした。募集人目線なので他の立場の社員の苦労はまた違うと思いますが、それだけです。不祥事を出した会社を擁護したいわけではないです。ただ、第一生命の真っ当に頑張っている募集人や所長さん達!暇な生保レディの実家のトイレには毎年御社のカレンダーが飾ってあるよ!隠れ○ッキー探してつい長居しちゃうよ!ということだけ申し伝えておきます!

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

 

株 9月の結果

1週目+25,438

2週目+30,806

3週目+102,369

4週目ノントレ

5週目+13,567

トータル+172,180

年初来損益+262,469

 

9月難しかった…安倍さんから菅さんになったりするし…その上3週目にちょっと上手くいったからって調子にのった…含み損が…

 

自分で作ったルールを自分で守ることすらままならないんですけど、東証のシステムすら不具合起きるのに人間の脳なんて煩悩で不具合まみれに決まってるだろと思ったのでヨシとします。

 

現物は引き続きZHD4689、ランサーズ4484、あとワコム6727を追加しました。こちらは長期でホールドの予定。

信用はBASE4477、JR東9020、JR西9021、GMOペパボ3633あたりでスイングしてます。値動きが大きいやつばっかりで危ないんですけどどうしてもそういうのが好き…

 

10月はコツコツを心がけて欲を出しすぎず行きたいところです。値動き大きいのばっかりやってる奴が言ってる時点で不具合ですね。とにかくがんばります。

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

保険の手数料が高いと唱えたい人

保険募集人は高給取りが多すぎる!

保険会社は一等地にデカい自社ビル持ってる!

それがどこからまかなわれているか!?

保険料からです!

保険の手数料は高すぎる!

そんな保険に入るべきではない!


こういう主張をたまに見かけますが、

この発想は森羅万象ズレズレのブレブレで正直頭の頭痛が痛いレベルです(こっちまでバカになっちゃうよと言いたい)。

しかもこういう発信者のプロフィールに「#投資勉強中#リ○大」とかあると小学生の調べ学習の方がよほどしっかりしてるなと思います。


こういう人たちは、

保険会社が全て雑居ビルの中に入っていて、募集人の平均年収が400万くらいだったら腹の虫の居所が収まるのでしょうか。

「会社の仕組みってね」「金融庁ってところが認可しててね」「高給取りが多いというか目立つだけかもよ」等優しく教えるとわかってくれるのでしょうか。


きっと違うんじゃないかな〜〜〜…

こういう人たちの考えはきっとこう↓


保険なんて損。(←健康に自信ある人または周囲の病気のニュースが一切耳に入ってこない仕様)

自分の損が利益になる保険会社は気に入らない。(←誰かの保険金になってるとは考えない)

保険営業って社会的地位の低い仕事だと思う。

そんな仕事をやっているヤツが自分より高給取りなのは納得がいかない。


こんなかんじだと思います。ふつうに三差益(保険会社の利益となるもの)とか聞いたこともないと思いますし、なんかもう理屈ではないんだろうな〜。「嫌い」っていう感情で言っているような印象です。


別にええねんけどな、個人的に保険にどういう感想をお持ちでそれが正しくなかったとしても別にええねんけどな、その感想をインターネッツに吐露して他人の保険への向き合い方を邪魔するような行為はどうなん?表現の自由やからまあ別にええねんけどな。

(大阪の人に「別にええねんけどな」は全然よくないときに使うって聞きました)


実際、手数料がーとか高給取りがーとか言われたらどう返すのがベストなんでしょう?

いやリアルでは言われたことないんですけど、ネットで肩で風切って歩いてる風の自分の着眼点イケてるやろマンには何か一言言いたくなります。言わなくても心で最適解を出したい。どうにかして溜飲を下げたい。

保険に入るか入らないかの議論で、自社ビルの場所がどうとか手数料がどうとか、論点がおかしいと思うのですが。


ちなみに暇な生保レディは、高給取りの件については入社したときに「他の人がやりたがらない仕事が薄給だったらマジで誰もやらない、高給取りになれる可能性があるから頑張れる」と所長に言われてシンプルにそうだな…と思いました。この理由じゃだめか…?

それにもしこの仕事が薄給だったりほぼ固定給だったり、頑張っても結果に反映されない給与形態だったら、募集人の質はいっきに下がるような気がします…

相続や法人の知識どころかドルとか税金の知識もなくていーや!給料変わんねーし!ってなりません?(もしかして:銀行窓販)

 


とにかく、保険のイメージを向上させて保険に穏やかな感情を持って頂くには、募集人ひとりひとりの日々の活動に尽きると思うのでがんばろうと思いました。

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

解約来たときに励まされる言葉

解約くると吐き気催すほどショック受けるんですけど、そんなときに元気付けてくれる大先輩の言葉たちです。刺激強めのやつ。

もちろんですが反省はたっぷりした上で服用します。

 

 

「すみませんもお世話になりましたも言えないのは未成年だよ!成人のフリして契約しちゃったんだね!」

30代・某社MDRT

 

保全対象が減って楽になるじゃん」

30代・某社MDRT

 

「せめて不幸を願わなければ怒ってもいいのよ〜」

60代・某社エグゼ

 

「俺が設計したプランに見直しって失礼だろ!?解約書類郵送して終了だね」

60代・某社プラチナエグゼ

 

「会社の破綻の方がつらいわよ!」

70代・某社エグゼ

 

 

破綻には敵わん…

 

 

お客様のことは契約に至るまでの過程でみんな♡好き♡になってるんで、解約されるとフラれたような気分になります。

 

あんなに家族のこと話してくれたじゃん…将来の夢も教えてくれたじゃん…働いてる姿も好きだったのに…!

何がダメなの直すから言って!ていうか話聞いて!YouTube大学見て感化されるのやめて!

私はまだ好きなのにいいいいキィィィィィィ

 

こんなかんじです。継続して欲しくて震える。

 

解約の理由にもいろいろありますが、毎回心を整えるのが大変です。

 

 

ブログランキング応援お願いします。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798