暇な生保レディのブログ

保険は担当がついてこそ

共働きに生命保険いらん説とは

俺が死んでも嫁さんも働いてるから大丈夫!てきな。

感情の無いロボット同士で結婚したんか。

 

人は!すごくショックなことがあると!

何もする気力が起こらなくなることもあるんだーっ!!

 

すごく普通のことを声を大にして言ったぞ。

 

 

お子さんがいる場合はそりゃ残された方は遅かれ早かれ働かないといけないし、働くことで気が紛れて時間が解決していくこともあるんでしょうけども

しばらくの間だけでも心を整える時間がほしいとか、お子さんいる方はお子さんもショック受けてるから側にいる時間を増やしたいとか、お金があればそういった時間を得られるってことはあると思います。

 

自分は感情のある人間同士で結婚したのだと思い出して!

自分がいなくなっても家族は全然平気で翌日からでも仕事も学校も行けますみたいなドライな関係ではないと思い出して!

自分の価値を自分で下げるような考え方しないで!

 

あと自分と配偶者の気持ちが違うということはめちゃよくある。ご自宅とかで夫婦そろってお話聞かせてもらうと、「自分は保険いらないんだけど」「え?いや私はあなたに保険入ってほしいけど?」って展開めちゃある。

フェミみたいなことを言いたいわけではないですけど、共働きなら保険いらない説はご主人の方が唱えがち(あくまで暇な生保レディの経験上)。

男性の方がいろんな金融商品をすすんで勉強してる人が多かったり、女性の方が現実的で保守的っていうのもあるかもですけど、

たぶんやけど、ほんとたぶんやけど、こういうご主人は子どもの夜泣きで起きたことないな。

 

 

共働き夫婦で担ってることって、ざっくりだと

仕事、家事、育児、ローンの支払い、学費の貯金

このへんがメインですね。

これもし残された配偶者がパワフル父ちゃんかパワフル母ちゃんでひとりで全部こなせたとして、子どもも自立したし自分も還暦を迎えるって頃には、老後の貯金ほぼゼロなのでは?

 

共働きだとローンは共有名義って人が多くて、それだと団信おりても残された方のローンは残ります(契約内容による)。

ローンの残額か学費か、どちらかだけでもチャラになるようなお金があれば、最&高に助かるんちゃうかな…

 

自分の実家で同居だったら、自分がいなくなっても配偶者にとっては義理の実家で住み続けるのかとか、

配偶者の実家に引っ越すことになりそうだったら転職もしなきゃいけないんじゃないかとか、

そうすると子どもも転校しなきゃいけないんじゃないかとか、

 

共働きイコール保険いらないに直結させてる場合じゃないくらい、考えることはたくさんあるぞ!

 

まず家族はロボットではないことを思い出して…、

自分の価値を思い出して…、

そして保険入る入らないや保障内容等考える…

 

こんな流れでお願いします☆(雑なシメ)

 

 

 

共働きで子どもいない場合は相続で保険必要になることがあるからそれはそれで「DINKS 相続」とかでググってください。

 

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

社内マウントあるある 紹介VS職域

紹介のみでやってる生保レディ生保マンによる、職域持ってる人へのマウント。会社や支社によって職域あるところとないところとあると思いますが、暇な生保レディの会社は職域を担当するのはある程度数字クリアしてれば希望制なので、こういうマウントは稀に発生します(それはあるあると言うのか)。

俺は紹介だけでやってんだぜスゲーだろっていう人もいれば、おめーら職域もらってるならもっとがんばれやっていう人もいます。

 

暇な生保レディ自身は職域を担当させて頂いている立場ですが、たしかに紹介一本でやってる人ってホントまじすっげーなって思います。真の力がある人なんだなと。

暇な生保レディはこの仕事を長くやっていくにあたって、一番ストレスになることはやらない!と決めたのです。それが紹介依頼でした。デビュー前の研修では紹介もらえないとシヌと散々言われたにも関わらず、早々に決意。今は職域のお客様から自然と紹介頂く数も増えてきましたが、新人の頃からあまりに紹介依頼しないんで所長はやきもきしたろうに、すまんな…

 

でも職域でしっかりやっていくのだってホントまじすっげーことなんだと、全職域担当の名誉のために申し上げておきたい。

オフィスにみんないるから行くだけで将来のお客様にいっぱい会える〜☆といえばそうですが…

暇な生保レディも、職域は行けば会えて商談できる、うちで加入するのが当然と思ってる人らばっかなんやろ?ピューウ♪とか思ってた時期がありました…

まじなめてました。行っても会えないし誰も当然と思ってませんでした。

 

オフィスにみんないるからこそ、悪い噂でも立ったらすーぐ広まって行きにくくなります。

話しかけてもないのにめっちゃ嫌な顔されることもあるし、もう来るなとかまた担当変わったのかとか初対面でキレられることもあります。

 

これがしんどくて職域を返上する人もけっこういる。

 

職域でうまくやっていくには、紹介とはまた違うコツが必要なんだろうな〜。

管理職の方にきちんと挨拶する、新入社員にアポ取る前に教育係の方に挨拶しておく、業務時間外とはいえ商談に時間とりすぎないように話法を工夫する、とかほんといろいろ。廊下で立ちっぱなしのこんにちはレディにならないとか。

 

話それますが先輩から聞いてよくやってるのが、

新入社員の方と話すときは、前もって管理職や教育係の方から新入社員の方の良いところを聞いておいて、「〇〇さんがこう言ってましたよ〜!」と褒めること。

なんか和む◎未加入の人に話しかける前にもこれ応用してます。

 

話戻すと、紹介一本でやってる人が、おめーら職域もらってるんだからもっとがんばれやって言う気持ちはわからなくはない…

暇な生保レディは職域以外に大学教授を飛び込みで開拓してるんですけど、新人が支社長からこっそり既契約の大学教授のリストもらって保全してたって知ったときはまじ荒れ狂って、ずるいとかリストあるならもっとやれとかそういう気持ちになったりしたもんな〜すぐどうでもよくなったけども

 

そう言いたくなる気持ちがわかるくらい、職域って良いところがたくさんあります。

もちろん行く先があるという心の安定材料、

自分募集のお客様がまだ少ない新人でも職域先のお客様の保全をたくさん経験できる、

職域担当の研修が充実してて職域以外のお客様にも応用できる、とか。

 

しかし職域を持ったり、お客様のマーケットを絞ると予期せぬことがあるもので…

高齢者層に相続案件がメインだった人は、コロナで直面談自粛のときにオンラインはよくわからなくて…という高齢者あるあるでオンライン面談のアポもなく途方に暮れてたし、

紹介だけで法人やってたけど、損金にできる保険が販売停止になったタイミングで職域担当に変わったっていう人もけっこういるし、

でも職域だけに頼ってると、もしその職域からうちの会社が撤退?とかしたら詰むし…

 

そう考えると、やっぱり紹介をつなげていく力を持っておくことは大切ですね。

 

だからってマウントはとらなくてもいいよね!!

みんなちがってみんないいだよね!!

 

 

ちなみに暇な生保レディが受けたマウントでぶっちぎりでイラついたというかそう来たかと思ったやつは、

「今年消費税いくらだった?私〇〇万払わなきゃ〜たっか〜い☆」

です。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

一社専属あるある 商品力VS担当力

すべての生保レディ生保マンがそれぞれに正義を持って働いています。どの正義も間違ってないんですけど、たまにぶつかり合ってバチバチしてます。たまにってかわりとあります。その中でも暇な生保レディの周りでよくあるのがこちら

 

 

商品力重視で代理店に行く正義

VS

担当力重視で何が何でも辞めない正義

ファイッ(カーン)

 

これは一社専属ならではの光景ですね。暇な生保レディも一社専属です。

代理店は色んな保険会社の色んな商品を扱えるので、選択肢がそりゃー多いです。その方がお客様によりぴったりの商品を提案できるし、それこそがお客様目線とかお客様に寄り添うということっていう正義。

ただそれを一社専属で言い出すと、代理店に転職するしかないじゃんってことになります。すると今いるお客様を置いていくわけ!?となります。それはできない!お客様に一生涯担当すると誓った!というのが辞めないことがお客様に寄り添うことっていう正義。

 

 

結論どっちも正しい!!!と思う!価値観の違い!どちらも価値観の合うお客様がついてきてくれるもんなんだと思う!

 

中には商品力を理由に辞めていくのが本当にお客様目線で考えたからなのか、単にうちで売れなかった言い訳なのか、まあ後者だろうなって人もいるけども。

 

 

暇な生保レディはというと、そもそも商品力とか考えたことないなあ〜うちの商品は全部サイコーだと思ってるなあ〜

お客様に他社商品に乗り換えられることもたまにあるけど、それも商品力というか突き詰めたら自分の担当としての力不足だよな〜と思ってます。暇な生保レディさんに任せてれば安心なの☆くらいまで思ってもらえてたらそもそも他社の説明を聞くことすらないと思うし。

 

 

以下は商品力より担当力を重視する暇な生保レディ自身に言い聞かせてること。

 

お客様のおかれてる環境や家族への思い等によってベストの商品は変わってくる。良い商品があってもコンサルできないとあかんやん。

 

良い商品に入った安心感だけでなく、災害があったら担当が避難所を回って契約者を探しに来るような、入ったその後の安心感もないとあかんやん。

 

死亡保険金を届ける日がきたら、加入時に伺った家族への思いも必ず伝える。どうしてこの保険に入ろうと思ったか、保険金はどんなことに使ってほしいか。そんなことができる仕事はこれだけで、その人にとっては自分だけなんだから、絶対辞めん。

 

 

うひょ〜!責任重大だぞ!

保険の担当って自分の価値とか意味を考え続けないと、AIに仕事とられそうじゃないです?こんなに人間じゃないとできない仕事なのに。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

鬱の診断書を取るのはちょっと待ってくれないか

なんでって、メンタルの疾患は保険に入れなくなるからです。思ってたより知らない方のほうがずっと多いので。保険会社としては、保険金の支払い事由がすぐに起こりそうだと思われる人はお断りするしかありません。冷たく聞こえるかもしれないけども。

 

暇な生保レディの職域は、新入社員の3割が5月の連休明けには退職してるような業界です。ただ退職するだけならいいんですが、だいたいが鬱の診断書もらって管理職に辞めさせてくださいって言って次も決まらぬまま退職するような、相当ハードなところ。

 

なので新入社員の方は4月末までに全員からご契約もらえるようにがんばろ!ってマネージャーからめちゃ言われます。2月末くらいから。新入社員どんだけいると思ってんねんてかんじですが出来る限りやってます。

 

ところで、辞めるためや休職するために鬱の診断書が必要なのって、管理職と極力話し合いとか引き止められることとかを避けるための印籠的な、これが目に入らぬか的な役割だと思ってるんですけど、どうなんでしょうか?

 

だって鬱の診断書とるって、その人の人生にかなりの長期間にわたって影響あるもので…

生命保険もそうだし、団体信用生命保険加入前提の銀行だと住宅ローンも組めない。

それらを知らないままで、人生の大切なタイミングで予定が狂ったって人、けっこういるのでは…

 

精神科の先生たち、退職のための診断書発行の際は、

「生命保険入れなくなるけど大丈夫?先に安いやつだけでも入っといたら?」

って言ってくんないかな?まじで。

(実際メンタル系は受診だけでもほぼアウトだけど治療内容や経過によってはワンチャンなんとかなる)

 

あとは管理職から社員に向けて、

「鬱の診断書を取ることはみんなの人生にいい影響はないから、取る前に相談してほしい」

とかなんか日頃から発信していけたら理想なんじゃないかな〜と思うけどーーむーん

 

ていうか管理職との人間関係が出来てればふつうに相談するし、そもそも日頃から頼れれば鬱にならないんじゃないかっていう。難しいね。

 

とにかく退職や休職のために鬱の診断書を取る前に、その診断書があることでできなくなることはないか考えてみてほしい。余裕があれば。

 

あと退職や休職だけでなく、ハラスメントを訴えるためにもとったりするか。

 

ハラスメントはね〜〜

暇な生保レディ、パワハラで有名なマネージャーがいる支社に所属してまして、パワハラの内容は省きますがそれはそれは他支社の生保レディやマネージャーからも同情される支社なので、ハラスメントの対策についてはよくよく調べ上げております。

 

たしかにハラスメントには鬱の診断書がいちばん手っ取り早いです。

ただ我々、診断書とると保険に入れなくなるとわかっているので…そして保険の大切さもわかっているので…誰一人その手段は取りません。

逆にそれを見越してパワハラしてんのかと思えてきた。とにかく他の方法で対抗するしかないのです。

 

まあ何が言いたいかって、それくらい鬱の診断書はリスキーなんだよってことが伝われば…

犬夜叉でいう、弥勒の風穴みたいな。すげー強いのに毒吸って自分も無事じゃいられないみたいな。

 

犬夜叉世代ってことだけは伝わるかな…

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

株 7月の結果

1週目 取引なし

2週目 +68,789

3週目 -159,345

4週目 +2,168

5週目 +184,506

 

7月の実現損益 +96,118

 

BASE4477が1日でだいたい同じ値幅で上がり下がりを3回繰り返してたんで、4回目にインしたら同じように動いてくれてラッキーでした。

 

3週目はYahooファイナンス掲示板に惑わされてまんまと手のひらで転がされた感あります。ほんともう見ん。何度でも言うけどあそこはゴッサムシティであり流星街であり羅生門

 

保険だって、自分の人生に責任のない他人のマイナスの意見なんて聞いたらだめってあんだけブログで言ってるのに。株もいっしょやんね!!

 

今気にかけてる銘柄は

ZHD4689

BASE4477

SBG9984

ランサーズ4484

GMOペパボ3633

あとJRと航空。GOTOキャンペーンとかで国が動いてくれるもんなんだなって感じたし、まあ成果は別として…不祥事でもないのにこの下げ方…

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

 

営業デビュー初月の思い出

夏がくーれば思い出すー

はるかな初月…

いや初月は冬だったんですけどね(茶番)

 

忘れもしない。暇な生保レディの初めてのご契約は、初月の初日、父親からでした。

お酒もタバコもせず、ふだんお金のかかる趣味もなく、ナチュラルに倹約家ということもあってか、商談にかかった時間がなんと9時間。それでもよく財布を開いてくれたなと今でもぐっときます。

内容は介護終身保険でした。

 

いやほんと初月のあの勢いで親に介護保険入ってもらえてよかった。初月じゃないと親に介護の話とかしんどくてなかなかできない。

 

そんなこんなで初月は自分なりにがむしゃらにやりました。初月は無休で走り抜く人も多かったけど、暇な生保レディは1日だけ休んだな。たぶんきっと労基が怒るやつなんですけど、誰かにやらされてるわけじゃなく、自分でスケジュール組んでやってることなんでがんばれました。しかしがんばれたけどつらかった!それまで人生でつらかったことはぶっちぎり大学受験だと思ってましたが、たぶん抜いた。まじもう二度とやりたくない、初月。

 

そんだけやったんですけど、件数が35件。

当時の初月はみんなバーーーっとやるんで、80件とかやる人もザラにいました。でも自分は35件…

それでもその月に東京圏でデビューした新人の中では1位でした。これが後に言われることになる不作の月です(白目)。採用が足りない所長らがあわててポンコツばっかり採用した月なんじゃねーのと言われましたが、まあ実際そうなんだと思う(白目)。

 

そういえば、デビューする前に叶えたい夢とか書いたんですよね。覚えてるのは、「都内に家を建てる」。

 

あれから4年、家は建てた…が…

都外/(^o^)\

 

いつか都内に…返り咲いてやる……ッ!!(根が田舎者なので未練がある)

 

新たな目標ができたので、またがんばります。

みんなはどんな目標でがんばってるんだろな〜

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

手に汗握った商談ベスト3

初めましてでキレられる

 

職域で既契約のお客様にご挨拶に伺ったら、「また担当変わったの!?」と小一時間説教をくらう。こんなこと生保レディ生保マンであればみんな一度は経験してるあるあるだと思います。そんで一度キレ散らかされた後はすごい優しい良い人になるというか、追加契約も頂くし電話も手紙もやりとりしてるみたいな深い関係になる。これもあるあるなのでは…?

 

 

お客様の上司がなぜか乱入

 

職域先の個室で新社会人男性の方と商談中、その方の上司の女性が突然「〇〇君ちゃんとわかってる!?」と入って来たんですよ。自分で椅子引いて座って。急に三者面談状態。暇な生保レディがその女性になんか怒られるんかと思ってめちゃくちゃ焦りました(すぐ怒られるという発想になるのが悲しいところ)。どうやらその男性が普段からふわふわしてるからちゃんと決められるか心配だったそうなんですけど…その面倒見の良さはめちゃ嬉しいけど、商談に突撃してくるのはまじ心臓に悪いよ…

 

 

お客様のお母様から猛反対くらう

 

新社会人男性のお客様の自宅で、お母様同席での商談。お客様は一度聞いて理解してくれてて、お母様にも聞いてもらいたいとのことでした。それがこんな地獄の入口とは思わなかったんですが…保険金額の根拠も、ドルにする理由も、為替の説明も、暇な生保レディが説明すると全部「そうはならないと思うのよね〜」になるという。「母さんそうじゃないって!ここはこうだって俺からも昨日説明したじゃん!」というお客様のフォローもなんか申し訳なくて地獄オブ地獄。そこで遅れて到着した先輩生保マンにバトンタッチすると…「そうね!保険金これくらい必要ね!ドルがいいわね!為替もわかった!」と。お母様先ほどまでのかたくなな態度はいったいどこに…?

商談相手が男性で、ご自宅で女性の家族に会うときはほぼ上手くいかないという自分のデータがあったんで、前もって先輩生保マンにヘルプをお願いしといたのまじファインプレーでした。ただ遅刻してくるとは…いらん心の傷負ったやんか…

 

 

プレゼンよりもその前段階のが緊張します。必要性とか根拠の説明とか。ここが伝わらないと決まらない。まあ毎回緊張するし毎回変な汗かいてるっちゃそうなんですけど、特にこれは思い出深いわ〜ってやつでした。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798