暇な生保レディのブログ

保険は担当がついてこそ

営業デビュー初月の思い出

夏がくーれば思い出すー

はるかな初月…

いや初月は冬だったんですけどね(茶番)

 

忘れもしない。暇な生保レディの初めてのご契約は、初月の初日、父親からでした。

お酒もタバコもせず、ふだんお金のかかる趣味もなく、ナチュラルに倹約家ということもあってか、商談にかかった時間がなんと9時間。それでもよく財布を開いてくれたなと今でもぐっときます。

内容は介護終身保険でした。

 

いやほんと初月のあの勢いで親に介護保険入ってもらえてよかった。初月じゃないと親に介護の話とかしんどくてなかなかできない。

 

そんなこんなで初月は自分なりにがむしゃらにやりました。初月は無休で走り抜く人も多かったけど、暇な生保レディは1日だけ休んだな。たぶんきっと労基が怒るやつなんですけど、誰かにやらされてるわけじゃなく、自分でスケジュール組んでやってることなんでがんばれました。しかしがんばれたけどつらかった!それまで人生でつらかったことはぶっちぎり大学受験だと思ってましたが、たぶん抜いた。まじもう二度とやりたくない、初月。

 

そんだけやったんですけど、件数が35件。

当時の初月はみんなバーーーっとやるんで、80件とかやる人もザラにいました。でも自分は35件…

それでもその月に東京圏でデビューした新人の中では1位でした。これが後に言われることになる不作の月です(白目)。採用が足りない所長らがあわててポンコツばっかり採用した月なんじゃねーのと言われましたが、まあ実際そうなんだと思う(白目)。

 

そういえば、デビューする前に叶えたい夢とか書いたんですよね。覚えてるのは、「都内に家を建てる」。

 

あれから4年、家は建てた…が…

都外/(^o^)\

 

いつか都内に…返り咲いてやる……ッ!!(根が田舎者なので未練がある)

 

新たな目標ができたので、またがんばります。

みんなはどんな目標でがんばってるんだろな〜

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

手に汗握った商談ベスト3

初めましてでキレられる

 

職域で既契約のお客様にご挨拶に伺ったら、「また担当変わったの!?」と小一時間説教をくらう。こんなこと生保レディ生保マンであればみんな一度は経験してるあるあるだと思います。そんで一度キレ散らかされた後はすごい優しい良い人になるというか、追加契約も頂くし電話も手紙もやりとりしてるみたいな深い関係になる。これもあるあるなのでは…?

 

 

お客様の上司がなぜか乱入

 

職域先の個室で新社会人男性の方と商談中、その方の上司の女性が突然「〇〇君ちゃんとわかってる!?」と入って来たんですよ。自分で椅子引いて座って。急に三者面談状態。暇な生保レディがその女性になんか怒られるんかと思ってめちゃくちゃ焦りました(すぐ怒られるという発想になるのが悲しいところ)。どうやらその男性が普段からふわふわしてるからちゃんと決められるか心配だったそうなんですけど…その面倒見の良さはめちゃ嬉しいけど、商談に突撃してくるのはまじ心臓に悪いよ…

 

 

お客様のお母様から猛反対くらう

 

新社会人男性のお客様の自宅で、お母様同席での商談。お客様は一度聞いて理解してくれてて、お母様にも聞いてもらいたいとのことでした。それがこんな地獄の入口とは思わなかったんですが…保険金額の根拠も、ドルにする理由も、為替の説明も、暇な生保レディが説明すると全部「そうはならないと思うのよね〜」になるという。「母さんそうじゃないって!ここはこうだって俺からも昨日説明したじゃん!」というお客様のフォローもなんか申し訳なくて地獄オブ地獄。そこで遅れて到着した先輩生保マンにバトンタッチすると…「そうね!保険金これくらい必要ね!ドルがいいわね!為替もわかった!」と。お母様先ほどまでのかたくなな態度はいったいどこに…?

商談相手が男性で、ご自宅で女性の家族に会うときはほぼ上手くいかないという自分のデータがあったんで、前もって先輩生保マンにヘルプをお願いしといたのまじファインプレーでした。ただ遅刻してくるとは…いらん心の傷負ったやんか…

 

 

プレゼンよりもその前段階のが緊張します。必要性とか根拠の説明とか。ここが伝わらないと決まらない。まあ毎回緊張するし毎回変な汗かいてるっちゃそうなんですけど、特にこれは思い出深いわ〜ってやつでした。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

子どもが生まれたら保険どうする?

子どもが生まれたら学資保険!

 

と考える人は多いと思います。学資保険という言葉を広めてくれたことについては、にゃんぽさんに感謝。

 

ただ、学資保険を検討している人たちの9割は進学時の学費を効率良く貯めたいってのが目的だと思うんですよね。

保障を持たせてあげたいって目的で学資保険の問い合わせをしてきた人はほぼいません。

 

いやもうなんて言うか、ぶっちゃけ、学費を効率良く貯めたいっていうことだけが目的であれば、学資保険じゃなくていいです。

 

学資保険ってあくまで生命保険のひとつなんで、つまり保障がついてるんで、お金を増やすことだけに全振りした商品じゃないんですよね。

増やしたいだけなら、それこそ積み立てNISAとかいいんじゃないかな〜

 

じゃあそもそも未成年どころか未就学児どころか幼児どころか乳児から保険に入れる必要があるのか?

という意見もあると思います。が、

 

必要は、ありまぁす!

 

と、暇な生保レディは思ってます。

 

 

我が子が死んだときにお金が欲しいなんて!思うわけないでしょう!!!

なんて怒り出す人がいるかもしれませんが、そういう話ではなく…

 

大人と同じように、子どもだっていつ大病を患うかわからないから、できるだけ若いうちに保険に入っておくという理由もあるけど〜

そんな聞き飽きた理由だけじゃないぞ!!(実際この手の説得は聞き飽きただろ!?!?)

 

子どもがいる家庭は全然貯金にお金をまわす余裕がないってのは、ニュースでもよく聞くし想像もつきますよね。暇な生保レディのとこも子どもできて家買って引っ越しして家具そろえて…でだいぶ貯金ふっとびました。

 

そんなこれからの生活が楽しみで仕方ないときに、最愛の我が子が死んでしまったら…

 

貯金ないのにお葬式代がーとかそんなことでなく、自分自身が生きていく気力がなくなってしまいそう。いやなくなる。

仕事とか手につかない。休職するとして気持ちの整理に何年かかるか、復職するかどうか、できるかどうかわからない。

 

暇な生保レディの家庭でそんなもしもがおこってしまったら…

いや考えるだけで泣きそうになるんですけど…

子どもの保険金は、仕事とか生活費とか何も考えずに、立ち直るまでの期間を過ごすために使わせてもらうことになるかな、と思ってます。

 

保険って、残された家族の心を整える時間を作ってくれるものでもあるんですよね。

 

 

死亡保障だけでなく、もちろん何事もなく育ったときには学資として機能するような積み立てタイプがいいし、学資として使わなくてもいずれ解約返戻金をお祝いとして渡してもいいし、解約せず払い切った保険を契約者変更してプレゼントしてもいいし、あ、あと自分の病歴的に三大疾病の保障はできるだけはやく持たせてやりたい。

 

この欲張りワンプレートみたいな願望を…

( ^ω^)
⊃願望⊂

 

こうして

( ^ω^)
⊃)  (⊂

 

( ^ω^)
≡⊃⊂≡

こうじゃっ…

 

三大疾病保障付きドル建て終身保険の10年払い〜!

 

これが暇な生保レディのおすすめというか、好きなプランです。

終身保険だから学資保険によくある20歳で保障がなくなるってこともないし、10年で払い終わった後はおいとくほど増えてく。

三大疾病保障はつけなくてもいいね。つけなければキャッシュバリューよりよくなるよ。

あと当たり前だけど日本円じゃなくドル建てです。

 

 

ここからちょっとだけ学資保険あるある。

 

保険料全額が積み立てになってると思いきや、医療保険がついてるパターンの学資保険。医療保険がついてるのはいいんだけど、医療部分の保険料はかけすてになってるってことをわかっていない人がめちゃんこ多いです。にゃんぽ生命の学資入ってるって人はまずこれなので、そうだったの!?ってことがないようにね。

 

 

いかがでしょうか。なんとなーくでも参考になればいいな〜

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

 

特別条件あるある

なんかこれよく聞くわァ〜ってやつです。

 

副鼻腔炎による医療部位不担保

完治してれば問題ないんではやく治して下さい。

 

卵巣のうしゅ、子宮内膜症等の女性疾患の経過観察による医療部位不担保

手術してる場合は経過年数によっては謝絶(加入お断り)。10代でも20代でもよく聞くのでほんとみんな生理つらいなと思ったらすぐ婦人科行こうな…

 

高血圧による医療謝絶、保険料割り増し

遭遇率No. 1の高血圧。50代以上だと高血圧めずらしくないんですけど、それ未満の若い人だと「若いのに!?」っていう判断で診査が厳しくなります(ざっくり)。ちゃんと薬を飲んで血圧を安定させてれば特別条件つかないことも多いです。

 

睡眠時無呼吸症候群による医療謝絶、保険料割り増し

50代以上でお腹出てて…ってなるとだいたいこれ。高血圧とセットでお持ちになってる。治療内容や血圧数値によっては謝絶。

 

帯状疱疹による医療謝絶、保険料割り増し

管理職の方とかとにかく忙しくてストレス半端ない方に多い。特別条件ていうか現症だとほぼ謝絶…なのでとにかくゆっくりお休み下さい(悲)

 

 

告知書だけでなくお医者さんの診断書があれば特別条件つかないことも多いです。なので診断書とってきてもらえるとほんとめちゃんこ嬉しいんですが、皆さんそりゃお忙しい中商談のお時間作ってくれてるって方が多いのでね!委任状持って暇な生保レディが病院まで取りに行ってます。

診断書とってきてとまでは言わないんで、せめて告知書かく段階になってから実は…みたいに体況の不安を語り出すのやめて下さい。できればプランの提案する前にお願いしたい。体況によってプランの設計変わってくるの。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

 

配偶者の保険知らないあるある

そうなんですか〜知らないんですか〜〜ってバカ!そんなのんびりしてないで!

 

 

暇な生保レディが聞いた配偶者の保険の知らなさのバリエーションがこちら

 

・保険に入ってはいるらしいがどんな内容の保険に入ってるか知らない

医療保険だけで死亡保障なかったらホラーよ…わりとあるあるよ…

 

・保険に入ってはいるらしいがどこの保険会社か知らない

せめてそこ知っとかんと!何かあったときどこに電話したらいいかすらわからんやないか!

 

・保険に入ってるかどうか知らない

結婚した相手のことそんな無関心でいられるのなんで/(^o^)\彼氏彼女じゃないよ?配偶者の保険の受取人は自分なんだから、保険に入ってほしいとか何かあったらいくらくらいほしいとかいう権利あるよ?

 

 

夫婦で保険の内容把握しておくのって大切です。もしどちらかが亡くなったとき、残された方の仕事が葬儀と遺品整理、さらに保険証券探しが加わるとかまあまあ嫌なもんでしょ。

 

あとしっかり確認しないと独身の頃に入った保険は受取人がまだ親だったりしますから!例えば旦那が亡くなって残された奥さんが、受取人が旦那の親になってる保険証券見つけたらどう思う!?!?

 

保険は命とお金の話なので、夫婦で共有しておくのはとっても大切です。万が一があった後では本当に本当に悔やみきれないです。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

生命保険勘違いあるある

お客様に今どんな保険に入ってるんですか〜と聞くことはよくあります。後日その保険証券を持ってきてもらっていっしょに確認するんですが、10人中9人は「コレおもてたんとちゃうー!!!!」となります。改めて説明を聞くと自分が思ってた保障内容と違ったってことが日本中で同時多発してます。同時多発テロならぬ、同時多発コレおもてたんとちゃう。中でも多い勘違いをまとめたので、自分の保険を振り替えるきっかけにでもしてもらえればと思います。

 

 

終身だと思ってたら60歳定期だった

積み立てだと思ってたらかけすてだった

 

この2つ死ぬほどよくある。圧倒的あるある。終身だったらいいなとか積み立てだったらいいなという希望が記憶を塗り替えてしまったに違いない。

 

 

葬式代くらいは出る保険に入っていたつもりが医療保険のみ。死亡保障がなかった

 

保険入ってるってドヤ顔してたのに医療保険だけと知り萎え顔になってしまったのも何回も見ます。

 

 

賠償責任保険と生命保険の区別がついていない

 

どちゃくそあるある。相手になんかしてしまったか、自分になんかおきてしまったかで覚えて下さい。

 

 

労災保険と生命保険の区別がついていない

 

これは稀あるある。(それはあるあるではない)会社の保険入ってますって言うから内容聞いてみたら…これは変化球すぎて顔ひきつってたかも

 

 

生命保険って命とお金が関わってくるんで、いざ使うってなったときに60歳までで保障切れてるやんけ!とか、解約しても返戻金ないやんけ!とか、後悔が許されない商品だと思います。

一年に一回内容確認しても忘れてしまうのもまた生命保険あるあるですが、入ったきり放置がいちばん危険です。

思い立ったが吉日、善は急げ、今日にでも確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798

まじめに生命保険会社の不祥事あるある

暇な生保レディは生命保険会社の不祥事は大きく3つに分けられると思ってます。

 

外交員の問題

「成績挙げてインセンティブもらうより、架空契約でっちあげて保険料まるまるせしめたほうが何倍もお金が手に入るやん」と気付いちゃったorそれ目的で入社した真正どクズによる不祥事。

また、お客様の利益<<<<<<<<<<自分の利益(会社の利益?知らん)で明らかに説明不十分または詐欺の説明で契約させるこちらも真性どクズによる不祥事。

 

経営陣の問題

外交員に度を越した厳しいノルマを課したことで、首にならないため、生活費を稼ぐために外交員が暴走。経営陣の毒矢にかかり哀しきおっことぬしと化した外交員による不祥事。このとき管理職は経営陣の毒矢を防ぐことはほぼ不可能で、なんなら一緒に毒矢を仕掛けてくる者もいる。

 

外交員と経営陣の両方の問題

「社内コンテストでの表彰や売り上げランキング開示、コミッションで外交員の士気を高め売り上げアップにつなげたい」という経営陣の思いと、

「収入も欲しいけどそれよりもコンテストに入賞して認められたい」「コンテストはどうでもいいが収入を上げたい」など個々の外交員の思い

それぞれの思いは間違ってはいなかったはずなのに、フュージョンしたら泥沼だったという不祥事。

 

 

3つに分けてはみましたが、

外交員の問題って言ったって経営陣による活動管理の考えが甘かったと言えばそうなんだろうし、

経営陣の問題って言ったって外交員はお客様を巻き込んでいいことには絶対ならないし、

そういう意味では分けられることではないんですけどね。

 

 

いま、代理店含む全ての保険会社で、

 

新契約だけでなく継続率をこれまでより評価する

ランキングやコンテストの廃止

フルコミッションではなく基本給を設定

 

といった対策がどんどん取られています。

 

 

不祥事は減ると思いますが、間違いなく売り上げも減ります。

 

例えばフルコミッションや基本給プラスコミッションでなく、完全に固定給にしたとします。

すると不祥事のほとんどは無くなると思います。

ただ退職者も相当出るはずです。

 

ランキングやコンテスト、コミッションがモチベーションだったという社員がめちゃくちゃ多いです。

人生変えようと思って一大決心して入社する人も多い業界です。

 

頑張ったら頑張ったぶんだけ収入に現れる。

頑張っても頑張らなくても変わらない評価なら、頑張れないし頑張らない。

コミッションもない、その上社会的地位もいまいち、嫌な目で見られることもある仕事…とにかく会社の売り上げとお客様の利益に努めよときたら、外交員を奮い立たせるのは本人のボランティア精神だけでしょう。

 

働く上で、やりがいや承認欲求や自己実現欲求を満たしてくれる制度のなんと大切なことよ…

 

 

こういうの、営業会社ならどこも持つ悩みだとは思います。

 

ノルマの厳しさも感じ方は人それぞれで、何の苦にも思わない人もいるしね…

 

 

とにかく不祥事を起こす人ってのは、ごく一部です。まじめにやってる人の方が圧倒的に多い。

ニュースとかになると、その会社のみんながみんなダメなんじゃないかと思っちゃいますが…

 

 

暇な生保レディは「保険は担当がついてこそ」と言いまくってますが、

担当がつくとこんな不祥事に巻き込まれるかもしれないじゃないかと言われたら、なんかもう頭を下げるしかできません。

 

勝手なお願いですが、もし皆さんの担当がおかしなこと言い出したら、(保険料は現金で預かる、名義貸してくれ、保険料は自分が払うから払わなくていい、不利な告知はしなくていい、代筆します等々)その担当を叱ってやって下さい。そして会社に通報して下さい。

 

 

人間である限り、不祥事の可能性は無くせないものかもしれませんが、

人間でないと、目の前の人間の生活を考えた保障を考え、支払いまで使命感を持つことはできない。と思います。

 

 

ブログランキング応援しくよろのよろたのです。クリック↓

https://blog.with2.net/link/?2030798